「文章補完計画」

  • 2018.07.25 Wednesday
  • 23:03

 

…って。

 

誰だこんなの考えたの…。欲しいけどどれも微妙に需要に合わない…。

 

 

 

函館グルメ

  • 2018.07.25 Wednesday
  • 21:12

 

今回函館へ行くにあたり、

ワタシの中では「ウニ・イクラ丼」が必須だった。

 

が、出発前に

ウニ・イクラ・ホタテの「巴丼」を出す美味しい店がある

と知り、そこで食べられるのを期待していた。

 

初日夜はビアホールへ行ってしまったし、

そのお店も定休日だったので、

翌日の朝市でウニ・イクラ丼を、と思ったら、

市場のにいちゃんに勧められた"どんぶり横丁"には

横丁五周年記念の「五色丼」なるものがチラホラ。

迷わずコレに。

 

ウニ・イクラ・ホタテ・サーモン・カニ(タラバ?)の五色丼

海藻のお味噌汁とイカの煮物、香の物付きで1,680円。

市場のにいちゃんに「朝から海鮮丼かい…」と言われたのは無視。

 

二日目のお昼は函館・塩ラーメン。

 

お麩ってラーメンに載ってるものだっけ?と母と言いつつ。

あっさりながらダシがよく効いて美味しかった〜!

 

二日目の夕方は、市場のにいちゃんが「あそこは美味しいよ」と言っていたお店へ。

前日通りすがりに「ちょっと高そうだね〜」と見ていた居酒屋風のお店。

案の定高かったけれど、店内の真ん中に幾つもに分かれた水槽があって、

蟹やらツブ貝やら何やらが生ものならぬ生き物状態でそこにいた。

 

で、ここにはウニ・イクラ・エビ・カニ(毛ガニ?)の四色丼があったので、

少々迷いつつそれに。

 

蟹汁と香の物付きで2,980円だったか。朝の五色丼より高いのはたぶん、

店のせいとウニ・イクラの割合が多くなるせい。

 

堪能。

 

ついでに母と食べた牡蠣の酒蒸し。

高いけどね。美味💕

 

ネットで知って要チェック!と思って買った

「スナッフルス」のチーズオムレット(スフレ)は写真を撮らなかったし、

母がいつのまにか購入していた数々のお土産おやつもつまみも

写真を撮るということを思い出す前に消えたけど、

最終日朝に買った「銀月(ぎんげつ)」の串団子は美味しかったなー。

 

ビニールかかったままだけど。

ゴマもみたらしも味が良かったけど、きな粉白あんは微妙、ってことで両親と同意。

小豆あんについては、「(美味しいけど)ウチらには十勝のあんこがあるからねぇ」。

でもお団子そのものがとっても美味しいのでお薦め。

 

密かに「もっと買ってくれば良かった!」と悔やんだのが

金森倉庫のこれ↓

お店のお姉さんが、試食できますよ〜と言って出してくれたのを

味見してみて飛びついた。香ばしくて美味〜💕

 

帰りの列車に持ち込んだのはやっぱりコレ。

イカめし🦑。これも随分と久しぶりだった。

 

 

時を超えて-函館3

  • 2018.07.25 Wednesday
  • 19:11

 

函館最終日は、旅館近くの老舗お団子屋へ狙い通り出かけたのだが、

うっかり朝食を堪能してしまった直後ではそこで頂くこともできず、

三たび時間が余る。Orz

 

で、せっかくなのでトラピスチヌ修道院へ行くことに。

 

女子修道院であるトラピスチヌは湯の川温泉からほど近い。

が、昔は知りもしなかったけれど、トラピスト男子修道院というのもあるそうで、

これは函館から反対方向の三ツ石にある。

…ということを学んだ旅行になった。

 

門をくぐってこの風景を見た瞬間に、

「ココ来たーーーーーーーー!!!(修学旅行で!!)」

 

ここの門外にも綺麗な紫陽花の一群が。

紫陽花の季節の函館。結構綺麗だった。

 

で、電車の出発までには時間があるし、と

再び元町へゆき、せっかくだから見に行くか、と

一度は諦めた旧相馬邸へ行ったのだが、

あいにく木曜日は定休日だそうで…。

門前まで行って大笑いで帰ってきた。

 

近くの英国喫茶でお茶して早めに駅へ。

 

ゆっくりのんびり回ればいいね、とは言っていたものの、

予想外に時間が余ってしまった旅行だった。

博物館とか資料館とか、もっと入ってじっくり読んで回ったら

時間が足りなくなるのだろうけどね。

 

でも数十年ぶりの道南・函館。面白かった!

 

 

時を超えて-函館2

  • 2018.07.25 Wednesday
  • 19:10

 

函館旅行、翌日は朝市からスタート。

ここだけは、両親も私も一度も行ったことが無かったので期待値は高かった。

朝市に合わせて最初のホテルを選んだぐらい。

 

が、私たちは道東の育ちで、うちの両親に至っては

十勝(とかち)港のある町に3年間住み美味しい海産物を堪能しまくっていた人たちだ。

カニもウニもさほど珍しくなく、特に安くもなく、

(まああれだけ沢山あって選べる、という事実比としては安いと言えるのかもしれないけれど)

生ものは買って帰れない(翌日午後発の列車を乗り継いで6時間半かけて帰宅)、

とあって、割とあっさり見回って飽きてしまった。予定外…Orz。

 

それでも美味しいイクラの醤油漬けとウニの塩漬けを一瓶ずつ購入。

色々熱っぽく説明してくれた後、どこから来たの?と問う店の兄ちゃんに

「…十勝」と答えた時の兄ちゃんの、ああそれじゃあといった風な顔!

ごめんね、兄ちゃん!でもイクラは本当に美味しかったよ!

 

せっかくなので、“朝市の真ん中でイカを釣ってその場で捌いてもらう”をした。

両親曰く、「今(年)のイカはほんとに小さい!ここのも小さい!!」

 

↓これで一匹釣って捌いて600円。(別の店では少し大きめだったけど倍額だったかな。)

結構難しくて、やっと釣りあげたら潮を吹かれて、ぎゃーーー!

でも墨じゃなくて良かった。

 

捌いてもらってその場で食べる。新鮮。美味。

胴体切られて足だけなのにまだうにょうにょと立とうとする下半身。

バラバラのお刺身になってもまだうにょうにょ動いていた。

 

朝市の次は函館五稜郭。タワーに上るのも、私は修学旅行以来30年ぶりだ。

真ん中に見えるのが函館奉行所。

やっぱり桜の季節が一番いいんだろうなー。

ちなみに30年前はちょうど桜の頃だった。

 

五稜郭公園内には 一部復元された函館奉行所もあって内部が見学できるのだが、

京都やらどこやらでそこそこ旅行・見学してきた大人三名は、

また靴を脱ぐ面倒臭さと共に「ま、どこも似たようなもんだろう」という

スレた意見を発してスルー。

 

で、また時間が余ったので、立待(たちまち)岬へ行ってみることに。

私は初めてだが、両親は中学の修学旅行で来ていたらしい。

父はその後も一度寄ったような違うような、といった様子だったけれど、

母は半世紀以上ぶりなので、感慨深・・・と思いきや。

 

「え?!立待岬ってこんなに低かった?!!」

 

もっと断崖絶壁だと思っていたらしい。

立待岬で忽ち幻滅。

翌日まで繰り返し呟いていた母。「あんなに低かったっけ…。」

んーまあ、なんというか、

襟裳岬(強風吹き曝し、岩礁いっぱい)とか

宗谷岬(北の果ての突端、ロシアに対峙)とか

地球岬(町から近くて”街はずれの観光スポット”風味強し)とか

を思い出すと、なんとなくロマンもお洒落スポット感も足りない感じの岬だった。

 

“鹿とびだし注意”は道東の田舎では珍しくないし、

海外でも”牛”やら”馬”やら色々見たけど、

”ヒキガエル”は初めて見た。

むしろ轢いた方がいいんじゃないか(ヒキ蛙だけに)、とか思ってしまうが。

 

早めに移動して二日目の宿は湯の川温泉へ。

夕方出直し夕食後にロープウェイ乗り場まで行くも、やはりもやが切れず、

結局夜景は断念した。

 

大人一名往復で1280円を払うには勿体ない空模様。

 

 

時を超えて-函館1

  • 2018.07.25 Wednesday
  • 19:05

 

先々週末から一時帰国中。

真夏の日本は7年ぶりかな。

 

 

出来るうちに、と両親と小旅行。

行き先は函館。

 

 

函館は

中学校の修学旅行で訪れたのが最初で

高校の部活動で訪れたのが最後。

修学旅行で回った先も記憶はおぼろげだけど、

高校の時のは全くと言っていいほど覚えていない。

 

とりあえず初日に元町へ。

 

旧函館区公会堂。

ここまで上る前からに旧イギリス領事館も行ったけど、写真を撮らなかった。

 

公会堂前からは港が見下ろせる。

 

ハリストス正教会は閉館時間にも拘わらず牧師さん(?)の説明を聞かせてもらえた。

(そして後からあとから観光客が

ロシア人らしかったので、ちょっとロシア語で話しかけてみようかなと思ったけど、

一緒に話を聞いていたおじさんが色々質問していたので断念。

ロシアで訪れた正教会より、金ぴかイコンが少なく、女性も被り物無しで問題なかった。

 

もういい加減あちこち閉まる時間だったので、旧相馬邸も閉まっており見学できず。

 

元町の辺りって中学の修学旅行でぶらぶらしてると思うんだけど、

一切合切思い出せなかったな

 

相馬邸入口脇の紫陽花が大きくて綺麗だった。

 

元町から戻って、赤レンガ倉庫群の辺りをぶらぶら。

 

空模様を伺っていたけれど、ホテルで言われた通り、

この日はもやがかかっているようだったので、函館山からの夜景は翌日に期待。

 

晩御飯は、行きたかったお店が定休日だったこともあり、

ビアホールで地ビールを飲んでみたのだけれど、

申し訳ないけれどイマイチだった。

特にドイツビールのアルトとヴァイツェン。薄い!!

 

というわけで、試してみたい人だけどうぞ。

 

 

まもなく羽田発便搭乗です

  • 2018.07.15 Sunday
  • 16:34

えっと…

まもなく天然の屋外サウナから
冷蔵エリアへ直送される予定です…。



ドイツ鉄道

  • 2018.07.12 Thursday
  • 11:53

S-Bahn(バーン)!

遅れまくった後で電車無くなるとかさあ!

好きな色は

  • 2018.07.07 Saturday
  • 17:45


「ネイルがお財布の色とお揃いだね?」


と言われて

最近ピンクが多いと気付いたけどね。


どっちかっていうと好きな色は紫なので




ピンクも紫の延長かなぁとか思う。


ま、何でもかんでも
一つの好きな色で揃える趣味でもないからね。

フランス祭り2018

  • 2018.07.07 Saturday
  • 17:35

今日もピーカン。

今週末はフランス祭り??やってる。

今年は一人で来た。

お目当はガレットと生牡蠣?



ガレットの写真は撮らなかったけど、
シードルと一緒に頂いた?


WM!ドイツの夏の終わり

  • 2018.06.27 Wednesday
  • 18:22


…信じられない…。

こんなに早く終わると思わなかった。


まさかのグループリーグ二敗。
予選敗退は彼らの史上初。


今年は本当に荒れてるなぁ…。(ワタシ個人的に)





いつも最低でも準決勝を期待されてる人たち。
そのプレッシャーはどれ程のものかと思うけど。


最後の30分ぐらいしか観られなかったけど、
なんだかモタモタした試合運びだったなぁ。
スピード感もキレも無い感じ。
打っても打っても決まらないシュート。

これだけ↓ボールキープして回してても点にならなかった。



さあ、日本には頑張ってもらいたい。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

access

ブログパーツUL5

time

Germany

profile photo

YUKI profilephoto

notes

このサイトへのリンクは大歓迎ですが、文章・写真などを無断で転載・転用することはご遠慮ください。
リンクの際は面倒でもご一報いただけると喜びます。
また、宣伝広告やスパム、不適切と看做したコメントは削除することがありますので、ご了承ください。

ご意見・ご感想・ご質問 および客観的基本情報など(の訂正)はこちら↓まで
e-mail: longholi[at]em.oops.jp

Copyright (C) 2018 YUKI, All rights reserved.

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

永い夜
永い夜 (JUGEMレビュー »)
ミシェル・レミュー

recommend

recommend

英語のソーシャルスキル
英語のソーシャルスキル (JUGEMレビュー »)
鶴田 庸子,ポール ロシター,ティム クルトン

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM