フレンチ・スタイル

  • 2018.06.01 Friday
  • 23:00

 

「フランス人はフランス語に矜持があって、

なかなか英語(外国語)で返事をしてくれない」

 

というようなことは少なからず耳にして来た。

 

実際、旅行に行って英語で話しかけても

フランス語でしか返事をしてくれなかったり、

 

「すみません、フランス語ができないのですが…」

フランス語で前置きしてやっと、英語で返してくれる率が上がったり、

 

ということは私自身も経験がある。

 

 

しかしながら、

 

 

それをビジネスでやるのはどうなのか?

 

 

 

職務で、フランス語圏スイスにある店をいくつか検索した。

 

どの店のウェブサイトもフランス語ページしかない。

 

まあ、そういうページはフランスのショップサイトでもいくつか経験済みだったので

そこまでは驚きはしなかった。

スイスとはいえフランス語圏だな、やっぱり。と。

 

が、

 

”コンタクト”からフォームやメールアドレスを通して

「……残念ながらフランス語ができないのですが、……」

と断りを入れつつ英語で照会を入れたところ、

 

数分であちこちから来た回答メールは全てフランス語

 

「もちろん、大丈夫。オーダーできますよ。」

「はい、お受けできます。詳細をお知らせください。」

 

ほんの3−4行とはいえ、フランス語できないって、言ってんじゃん!

 

あんたたち英語はちゃんと理解できてんでしょ!

(いや、ワタシと同じでグーグル先生使ったのか?)

 

フランス語はできない、と言ってるお客に対しても一切の遠慮なく

フランス語で返してくるこの心意気は

もはや誇りとか自信とか矜持とかを通り越して

 

上から目線。

 

 

じゃないかね?

 

 

というわけで、ロシア語学習再開と共にフラ語習得を決めた。

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

access

ブログパーツUL5

time

Germany

profile photo

YUKI profilephoto

notes

このサイトへのリンクは大歓迎ですが、文章・写真などを無断で転載・転用することはご遠慮ください。
リンクの際は面倒でもご一報いただけると喜びます。
また、宣伝広告やスパム、不適切と看做したコメントは削除することがありますので、ご了承ください。

ご意見・ご感想・ご質問 および客観的基本情報など(の訂正)はこちら↓まで
e-mail: longholi[at]em.oops.jp

Copyright (C) 2018 YUKI, All rights reserved.

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

永い夜
永い夜 (JUGEMレビュー »)
ミシェル・レミュー

recommend

recommend

英語のソーシャルスキル
英語のソーシャルスキル (JUGEMレビュー »)
鶴田 庸子,ポール ロシター,ティム クルトン

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM