公共施設移転2:中央図書館

  • 2018.01.28 Sunday
  • 00:21

 

駅前の大きな郵便局がもぬけの殻になっていたのが衝撃すぎたので、

多少の反省も込めながら帰りの道中でネット検索した。

が、「中央郵便局移転」の記事はほとんど見つからなかった。

 

見つかったのは、

・ポストバンク(日本のゆうちょ銀行みたいなもの)が

ドイチェポスト(ドイツ郵便)からはっきりと分かれつつあり(会社としてはとうに別物)、

とうとう自前の店舗が消滅した(残るのは何かの店舗に併設されている)らしいこと。

・ドイチェポストも”運輸業”であることを表明し、

・昔ながらの、手紙や小包を出し切手を購入するような郵便局が消えつつあること。

・小包を発送するのは町中にあるたくさんの小商店やタバコ屋が請け負っていること。

などなど。

 

ドイツ郵便が完全民営化して、ポストバンクがドイツ銀行の傘下に入ってはや数年。

ある種の時代の変化なんだろうなあと思いつつ。

「町の郵便局」が減っているのは寂しい限りだ。

 

さて、中央郵便局移転については見つからなかったがその代わり、

「中央図書館移転(予定)」の記事がヒットして来た。

 

そういえば上記の会社の人が言っていたのもこれだったか。

 

あの時はふんふんまだ先だ、と聞き流していたけれど、

要はこういうことらしい。

 

・駅裏の中央図書館は建物の老朽化とこの30年余りの利用状況と量の変化に伴い

拡大移転したい

・移転先を(市議会で)検討協議して来た結果、

駅前の(元)中央郵便局の建物(巨大)に移転して改装利用することに当確

それに先駆けて中央郵便局は移転を終了したところ

 

最近のドイツ郵便の改変具合を鑑みても、

郵便局移転が先に決まっていたのだろうと推察する。

 

面白いなと思ったのは、中央図書館の拡大移転に関しては

ハナから「どこか(の建物)への移転」が協議されてきたらしいことだ。

いや、もしかしたら「移転新築」案も出たけど速攻消えた、ということなんだろうか。

 

何れにしても、日本なら基本的に新築もしくは移転新築しそうな公共施設を、

「移転先としてあの(元郵便局)建物しか考えられない」

として「既存の建物に引っ越し」するのが前提である様子なのは、

文化の違いなのか建築(物)の違いなのか。

 

(再)開発で市郊外が急速に広がっているのを目の当たりにしながら、

なんだか感慨深い発見だった。

 

とりあえずもっと地元新聞に目を通そう…。

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

access

ブログパーツUL5

time

Germany

profile photo

YUKI profilephoto

notes

このサイトへのリンクは大歓迎ですが、文章・写真などを無断で転載・転用することはご遠慮ください。
リンクの際は面倒でもご一報いただけると喜びます。
また、宣伝広告やスパム、不適切と看做したコメントは削除することがありますので、ご了承ください。

ご意見・ご感想・ご質問 および客観的基本情報など(の訂正)はこちら↓まで
e-mail: longholi[at]em.oops.jp

Copyright (C) 2016 YUKI, All rights reserved.

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

永い夜
永い夜 (JUGEMレビュー »)
ミシェル・レミュー

recommend

recommend

英語のソーシャルスキル
英語のソーシャルスキル (JUGEMレビュー »)
鶴田 庸子,ポール ロシター,ティム クルトン

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM