「あとかたの街」と「凍りの掌」

  • 2017.07.17 Monday
  • 05:52

 

夏だから、というわけではなく、

たまたま目についたからなのだけど、

久しぶりに戦争ものを読んだ。

 

「あとかたの街」

 

戦時下という非日常の中の

ごく普通の(たぶん普通に貧乏な)女の子の

日常生活。そして戦争。

 

だから想像できるような”普通の毎日の”

もはや想像もつかない時代。

 

ものすごく素朴な視点で繰り出される疑問に

いちいち共感する。

 

 

毎日の食べ物の心配をしなくていい。

毎晩の寝床の心配をしなくていい。

 

それどころか、

 

「健康の為に食べ過ぎないようにする」

なんて贅沢な今の世の中だよね、と

しみじみ思う。

好みはおろか、気分で食べ物を選べる時代。

 

 

「怖いから読みたくない」という同級生や友達と違い、

私は割と子供の頃から

戦争ものの本や漫画を読む方だと思うし、

ヒロシマ・ナガサキはもちろん、東京大空襲の物語なども読んだけれど、

名古屋については一切知らなかったので、

勉強にもなった。

 

”えっちゃん”と再会できたのか、

ものすごく気になるのが残念ながら、

とても面白く一気に読んだ。

 

 

せっかくなので、同作者の先行関連作品、

「凍りの手 シベリア抑留記」

も購入。

 

どこで読んだか、何となく知っている事実も多かったけれど、

(ラーゲリの話だから、「オリガ・モリソヴナの反語法」あたりかも)

こちらも非常に面白かった。

 

 

私自身、戦時体験がある祖父母には、

子供の頃少し話を聞いたとはいえ、

大人になって色々理解できるようになってからは

あまりたくさん深くは聞かなかったなー、

 

と思い返し、

 

今また祖父の自伝を読み返している。

 

 

 

印象に残ったのも手伝って、

今日は鶏肉と卵で親子丼にした。

 

 

明日も明後日も食べるものが充分にあって、

暖かい自分の寝床があって、

自由にお湯を使える専用のお風呂があって、

毎朝迷うほどの衣服があって、

大事にしている人がそばにいる。

 

「幸せだね」

 

と相方に言ったら嬉しそうだった。

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

access

ブログパーツUL5

time

Germany

profile photo

YUKI profilephoto

notes

このサイトへのリンクは大歓迎ですが、文章・写真などを無断で転載・転用することはご遠慮ください。
リンクの際は面倒でもご一報いただけると喜びます。
また、宣伝広告やスパム、不適切と看做したコメントは削除することがありますので、ご了承ください。

ご意見・ご感想・ご質問 および客観的基本情報など(の訂正)はこちら↓まで
e-mail: longholi[at]em.oops.jp

Copyright (C) 2016 YUKI, All rights reserved.

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

永い夜
永い夜 (JUGEMレビュー »)
ミシェル・レミュー

recommend

recommend

英語のソーシャルスキル
英語のソーシャルスキル (JUGEMレビュー »)
鶴田 庸子,ポール ロシター,ティム クルトン

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM