「あとかたの街」と「凍りの掌」

  • 2017.07.17 Monday
  • 05:52

 

夏だから、というわけではなく、

たまたま目についたからなのだけど、

久しぶりに戦争ものを読んだ。

 

「あとかたの街」

 

戦時下という非日常の中の

ごく普通の(たぶん普通に貧乏な)女の子の

日常生活。そして戦争。

 

だから想像できるような”普通の毎日の”

もはや想像もつかない時代。

 

ものすごく素朴な視点で繰り出される疑問に

いちいち共感する。

 

 

毎日の食べ物の心配をしなくていい。

毎晩の寝床の心配をしなくていい。

 

それどころか、

 

「健康の為に食べ過ぎないようにする」

なんて贅沢な今の世の中だよね、と

しみじみ思う。

好みはおろか、気分で食べ物を選べる時代。

 

 

「怖いから読みたくない」という同級生や友達と違い、

私は割と子供の頃から

戦争ものの本や漫画を読む方だと思うし、

ヒロシマ・ナガサキはもちろん、東京大空襲の物語なども読んだけれど、

名古屋については一切知らなかったので、

勉強にもなった。

 

”えっちゃん”と再会できたのか、

ものすごく気になるのが残念ながら、

とても面白く一気に読んだ。

 

 

せっかくなので、同作者の先行関連作品、

「凍りの手 シベリア抑留記」

も購入。

 

どこで読んだか、何となく知っている事実も多かったけれど、

(ラーゲリの話だから、「オリガ・モリソヴナの反語法」あたりかも)

こちらも非常に面白かった。

 

 

私自身、戦時体験がある祖父母には、

子供の頃少し話を聞いたとはいえ、

大人になって色々理解できるようになってからは

あまりたくさん深くは聞かなかったなー、

 

と思い返し、

 

今また祖父の自伝を読み返している。

 

 

 

印象に残ったのも手伝って、

今日は鶏肉と卵で親子丼にした。

 

 

明日も明後日も食べるものが充分にあって、

暖かい自分の寝床があって、

自由にお湯を使える専用のお風呂があって、

毎朝迷うほどの衣服があって、

大事にしている人がそばにいる。

 

「幸せだね」

 

と相方に言ったら嬉しそうだった。

 

 

爪先フリー

  • 2016.09.11 Sunday
  • 20:40


ここ数日遅れてきた夏のように暖かい(暑い)日が続いているので、
今を逃してなるものか!と夏服を堪能。

去年買った爪先フリーのパンストが予想以上に気に入って
追加購入したのは幸い。

ついでに膝下ストッキング版も買い足しておいて正解。

サンダルを履きたいけど素足じゃ肌寒い、
かといってストッキングの爪先が出ているのは嫌、な私には非常に重宝。
爪で穴が開く心配もないし。

優秀です。
 

これ色もいい。色揃えもいい。

 

 

 

ファッション・ナイト

  • 2016.09.11 Sunday
  • 19:42

 

去年の初参戦に続き、今年も乗り込んでみた

Vogue Fashion's Night Out (ヴォーグ・ファッションズ・ナイト・アウト)。

 

去年一人でちょっと寂しかったので、

今年は後輩ちゃんを誘ってみたのだが、

彼女の活動時間帯とちょっと合わず、後半2時間は結局一人で歩き回ることに。

 

 

今年は何か不景気なのか?

 

去年店内にカクテルカウンターを作って大盤振る舞い(?)だったESPRITは

今年は全く特別なことをしておらず、参加していないかのようだったし、

(それでも、入っているファッションビルが参加して通常より遅くまで営業していた為か

ESPRITも営業時間は伸ばしていたようだけれど)

 

去年あれほど気になったティファニーは、来店記念を何一つ配布していないのか、

あの目立つ水色の紙バッグをごく2、3人見かけたけれど、

明らかに何か購入した人で(小さい紙袋で)、

街を歩く人の手には同じ独特の水色の紙コップがあるだけだった。

…私たちも入店してみたけれど、やっぱり紙コップでレモン水を頂いたのみ。

まあ、私にとっては、

入ったことの無いお店に足を踏み入れて一回り見て回ったこと自体で収穫だったけれど。

 

 

今年も出てた!屋根の上のサックス奏者!

 

 

大通りの歩道に作られたステージ上でメイクをしてもらう女性たち。

20時頃に長蛇の列だったのは理解できるが、

23時にもなってこれからメイクを直してもらっても……

…と思ってしまう私はやっぱり女子力が足りないのか…?

 

ともあれ、今年も2−3の

普段は高そうで入れない(と思い込んでいる)お店、や

なんとなく普段は興味がなくて入ったことのない店、

などに入ってみて認識を改めることができたのが何よりの収穫。

 

一本欲しいかな〜と長いこと思っていた大判スカーフを定価で買ったことはともかく、

今まで全然興味のなかったジュエリーショップで当日限定仕様のバングルを衝動買ったのは、

今月になった途端から続く弱り目に祟りめ的ツキの無さで心が弱ったなれの果て、

かと思う。

 

 

来年はもう少し予算を組んで、自信を持って乗り込もう!

 

 

今年も結果的に手に入ったイベント仕様のショッピングバッグ。

きらびやかな夜にはオシャレだが、以後平日昼間には目立ちすぎ。

 

 

paul green

  • 2016.07.31 Sunday
  • 12:35

 

数年ぶりにがっつり取った真夏の夏休み。(気温低いけど)

 

休暇に入ったその日その足で市内にてショッピング。
この夏のターゲットは
靴とバッグ。

あちこちセールだと思ったら、
そう言えばもう七月だっけ。

でも、手持ちの夏服の出番も無いのに、
夏服買い足してもね…と、
今回は踏ん張って夏服にもサンダルにも
誘惑されないよう。

最初の靴屋でずっと気になってた
paul greenのパンプス発見。
靴は絶対ネットで買わないけど
(衣服もほとんどネットショッピングしないけど)
しょっちゅうバナーにチラチラ上がって来てたから、すごく気になってた。
試したら意外と履き心地良くて、
迷いながらも結局購入。

十代の頃から、「靴は安物買いしないできちんと合うものを買いなさい」

と母に仕込まれたせいもあって、
本気で探す時は、最低市内で6〜7軒、

隣の隣の町まで行って7〜8軒見て回るのがいつもだから、

最初の店で見つけちゃって不安だったけど。



翌日隣の隣の町で、色違いがセールだったので(←EUR35も安かった)
また迷った挙げ句購入。
たまには遊び色もいいでしょ♪

 


この数年、買った靴の箱を収納用に保管してるのだけど、
こうすると、メーカーに疎い私でも、傾向がよくわかる。
(写真は秋に衣替えした時のもの。箱は空。念のため。)

 

 

「昭和元禄落語心中」

  • 2016.03.24 Thursday
  • 22:27

先日初めて手を出した電子書籍。

無料立ち読みや一冊まるごと無料キャンペーンを試す間に
まんまとはまったこの↓本


『昭和元禄落語心中』。



1巻また1巻とポチポチして先週日曜は一日読み通し。

オトナな休日の過ごし方♪


しかし電子書籍のオンライン購入って危険。
本屋へ行く距離と手間がないから、次々買ってしまう…。
既刊9巻まで買っちゃったよ・・・。

 

「親なるもの 断崖」

  • 2016.03.13 Sunday
  • 22:16

初めて電子書籍を買った。

無料版部分を”立ち読み”したら、
北海道は室蘭の史実ということもあって、
興味深くて我慢できなかったのだ。

漫画。

久しぶりに明け方まで夜通し読み通すぐらい
濃厚で面白くて読みがいのある作品だった。

ひどく悲しい物語だけど。

フィクションとはいえ史実と事実を基に描かれているから、
きっと現実には、こんな美談にすらならない話の方が
遥かに遥かに多いのだろう。

こんな、苦しく悲しく辛い人生の方が。

今の、私たちの(不況や貧富の差があるとはいえ)格段に豊かな生活の
その始まりの時代には、
今となってはきっと想像もつかないほどの
数知れない犠牲と忍耐が踏み台にされてきたのだろう。

「親なるもの 断崖」
30年近く前の漫画らしいけど、絵柄も全然古く感じない。
とにかく読み応え、すごい。



 

買い替え時

  • 2015.10.25 Sunday
  • 11:59
 
しばらく前から、
使用8年の愛用MacBookに限界を感じていた。


諸々のソフトウェアやアプリケーションが
これ以上アップデートできない。のだ。


私としては別にアップデートしてくれなくてもいいのだが、
アップデートしないと諸々機能が使えなかったりする。

使ってみたいアプリケーションのPC版も使えない。

世の中のサイトに容量の大きい画像や動画が増えて、
動画サイトを開くわけでもないのに(広告部分に動画があったりして)、
重くてやたら時間が掛かったり
画像が表示されなかったりする

果てはついさっきまで読めていたページにアクセスできなくなって
パソコンを再起動しないと繋がらなくなったりする。
↑を、何かを書いている最中にやられる。


…というわけで、この夏スマートフォンの買い替えを優先しつつも、
年内にラップトップも買い替えを見込んではいた。


が、ここに至って、LINEのMac版が
「アップデートしないと11月11日以降使えなくなります」
と言って来た。
アップデート版は10.7以降の対応なので、私の愛機では足りない。

LINE自体はスマホでも使えるが、パソコン版が無いと不便だ。

自宅にいる時は普通のキーボードで打つ方が早い。


よく考えたら10月ももう終わりだし、
これは来月の早い段階で新しく買うべきかな。



技術の進歩:プリンター

  • 2015.09.21 Monday
  • 22:30
 

10年ぶりにプリンターを新調した。

右にあるのが従来のヒューレット・パッカード。


壊れたわけではないのだけれど、
スキャンファイルやPDFでのやりとりが当たり前になるにつれて、
スキャナー・コピー機が欲しいなあ、と
前々から思うようになってた。

で、最近とみに必要になったので、これを機に決心。


10年前のカラー片面プリンター(のみ)ほぼ同じ値段で、
カラー両面コピー・スキャナー・FAX付きプリンターが買えるんだもんねえ…。
(しかもある程度選べる)


今どきFAX?という人もいるけど、
これがなかなか、まだ必要なこともあり。
せっかくなので(予算あんまり変わらないし)付いてるのを買った。


さあ、これでいつでもどんと来い! (←何が?)


おさるが来りて爪を吹く

  • 2015.09.20 Sunday
  • 22:32

先日相方がインターネットで見つけて以来、
ずっとウケて気になっていたこの子。

Monkey Nail Dryer


昨日、外食ついでに市内の面白グッズ販売店(?)に寄ったら、
予想通り取り扱われておった。



で、相方が買ってくれました。


早速使ってみた。

ふーふーふー

…ウケる…ww

思ったより音がうるさいけど、
まあ安いもんだし(中国製だし←失礼)
機能を求めるものではない、ってとこで。
(実際にはふーーーーーーーーーーーっと途切れず吹いてくれます)


軽いプレゼントにはすごくいいと思うよ!


日本語では「ブローモンキーネイルドライヤー」
英語では「Monkey Nail Dryer」
で検索できます。




スター・ウォーズ: 暗黒の誘惑

  • 2015.09.13 Sunday
  • 18:39

先週土曜日、久しぶりにお出掛けしたい相方に誘われて、
コイツ↓に行った。
5月に新聞で見てから絶対行こうと決めてたもの。



思っていたのとちょっと違う感じの展示イベントだったが、
双方向データ通信で参加型のイベントでもあり、
それはそれで非常に興味深く楽しかった。

最後のショップも、どちらかというと期待外れに子供向けなグッズが多かったが、
300ユーロもするライトセーバーが結構いい感じに作られていて興奮。
・・・流石に買わなかった(買えなかった)けどね。

思いがけずストームトルーパーのTシャツがクールで、
いまいちのヨーダを断念して購入。

他にはコイツを買った。
「デス・スター シリコンフォーム」(注:このサイトから購入したわけではない)

自分でも一度作ってみたけど、結構綺麗にできた。
ただ、写真を綺麗に撮るのは難しいかも。
梅酒買ってコイツでロックにして飲むのが目下の野望。
(相方はウィスキー)

ショップにはデス・スターのUSBライトも売っていて、
ものすごーく迷ったのだけど、とりあえず買わずじまい。
近いうちにネットで手を出すかも。

なんというか、当たり前のような気さえする製品化。


次に狙うはコイツだ。
「R2D2 トーキングフリッジ」
(あんまりいい画像がない。)


あとやっぱりコイツもいつか…。
「Xウィング 包丁セット」






 


 


 
 



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

access

ブログパーツUL5

time

Germany

profile photo

YUKI profilephoto

notes

このサイトへのリンクは大歓迎ですが、文章・写真などを無断で転載・転用することはご遠慮ください。
リンクの際は面倒でもご一報いただけると喜びます。
また、宣伝広告やスパム、不適切と看做したコメントは削除することがありますので、ご了承ください。

ご意見・ご感想・ご質問 および客観的基本情報など(の訂正)はこちら↓まで
e-mail: longholi[at]em.oops.jp

Copyright (C) 2016 YUKI, All rights reserved.

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

永い夜
永い夜 (JUGEMレビュー »)
ミシェル・レミュー

recommend

recommend

英語のソーシャルスキル
英語のソーシャルスキル (JUGEMレビュー »)
鶴田 庸子,ポール ロシター,ティム クルトン

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM