南欧の浜辺にて4ーファロ

  • 2014.09.27 Saturday
  • 22:16


「アルガルヴェ滞在中に、一日ぐらいどこかちょっと遠出したいよね」

と事前から話していたので、
現地で、選択可能なバスツアーを検討したのだが、
一番興味のある首都リスボンへは、片道3時間強の日帰りで。

せっかく面白そうな首都に行くのに、強行日帰りバス遠足、
しかも到着翌日か帰国前日、という二択のみ。

さすがにそれは疲れる上に勿体ない、
ということで見送ることにして、
代わりに地元路線バスを乗り継いで、
アルガルヴェ地方の中心都市・ファロを訪れることに。


旧市街の古い市門。



旧市街の大聖堂の塔(あんまり高くない)からフォルモーザ潟を見渡せる。


「海辺で何もしないをする」とはいえ、
せっかくポルトガルへ来たからにはぜひ例のタイル、アズレージョを見たかったので、
この大聖堂は必修。
(宿泊していた辺りやアルブフェイラではほとんど見られなかったので)

16世紀ぐらいからあるらしい大聖堂…といってもあまり大きくはなく。

やっぱり白地に青の典型的なのが綺麗。

この辺りは壁一面!


絵画や壁画っぽく、
一部にはめ込まれていたり歴史や宗教画を描いたものかと思っていたけど、
もっと普通に壁の装飾や壁紙みたいな感じであちこちに使われてて意外だった。


あちらこちらを旅行して、城壁や市壁のある旧市街も色々見たけど、
ヤシの建ち並ぶ城壁は初めて見た気がする。(←暖かい地方にあまり旅してない)


ファロの商店街。
歩行者専用の通りに敷き詰められた装飾タイル。

外壁いっぱいにアズレージョをめぐらせた家や建物もいくつもあったけれど、
その内のかなりの棟は、手入れも修復もされず半ば傷つき壊れたまま。

ネットや携帯はおろか、飛行機も車も鉄道もないはるか昔に
世界へ航海して出てみせた国。

今は欧州の下位にランクインしている、ポルトガル経済の危機的状況が偲ばれた。


ファロのヨットハーバー



南欧の浜辺にて3ー潮の満ち干は月の引力 

  • 2014.09.24 Wednesday
  • 22:14
 
Algarveの海岸に着いて5日目の火曜日。

この夏一番の感動。



初日三日の教訓を踏まえて、

朝食後少し早めに海岸へお散歩に。


そうしたら、前日までに見た浜辺の数倍の広さ遠さになっていた。


干潮だーー・・・・・・・・・・


遠浅ってこういう海岸なのかね。


折しも満月の頃。


干満の差をこんなに瞭然と目にしたのは初めてだったので、
けっこう興奮した。

その鏡面のような砂地部分は、
水が浸透して更に飽和状態だからか、
僅かになだらかな斜面を常に水が流れている状態。

本当は砂浜を裸足で歩くのは嫌いな相方も、
その不思議な地面と感覚に
ちょっと感動して興奮して
何度も立ち止まっては

「水が流れてるんだよなー ほら・・・」

と繰り返した。


部屋から撮った引き潮の頃の海岸。
結構遠くまで人が歩いて行ける。


ほぼ満潮時。
かなり上まで波が押し戻してる。(同じ縮尺と大きさで撮れなかったのが惜しまれる)


イグアスの滝を訪れた時もしみじみ感動したけれど、

自然の仕組み、自然の仕掛けはすごい。

一日24時間、一年365日、
夜になっても日曜日が来ても、
休むこと無く
波は打ち寄せる、滝は流れ落ちる。

海の干満は半日掛けて引いては戻し、戻しては引く。
じわりじわりと、でも確実に。
厳島でも見た、その自然のねじ巻き。

子供の頃よりももっと単純に不思議に思う。

「引いてった水はどこへ行っちゃってるのか?」

答えは、地球のどこか反対側の、満潮のところ?

押し寄せる波の強さよりも
戻って行くその波の引きの強さに驚きながら、
滅多に行かないの姿を少し学んだ。


♪ 潮の満ち干は月の引力
  二人で確かめに行こう・・・ 

(by Dreams Come True)


行って来たよ♪



南欧の浜辺にて2ー青い空・青い海・白い雲と緑のワイン

  • 2014.09.16 Tuesday
  • 20:58
 
とにかく疲れていて、

「海辺で『何もしない』がしたい…」

をメインテーマにやっと決めた夏の休暇先は、

かねてより行ってみたかったポルトガル。



前回ブルガリアでの教訓を踏まえ、

加えて私の希望で「海側」の部屋を選んだら、

予想外に最上階の部屋で、バルコニーからはこんな↓風景が広がっていた。


  ↓   ↓   ↓  ↓


「うみーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!


大西洋へはブラジル旅行以来。サントスでは海に入らなかったけど。
(そういえば、サルバドールでのあの綺麗な海のことは記事にしてなかったなあ)

考えてみたら、同じポルトガル語の国で、海を挟んで反対側の大陸だ。


ホテルの目の前の海岸。ホテルのプライベート(?)ビーチ。


この管理範囲を越えてもずーーーーっと同じ砂浜が続いていて、
人のまばらな辺りを越えて更に隣やその向こうのビーチへも行ける。

お散歩やジョギングする人たちも多い。

干潮時なら隣の町の海岸へも歩いて行ける。


ビーチ&スポーツリゾートを名前に冠したホテルには、敷地内に、
小さな家ごと借りて過ごせる”バンガロー”も数多く建ち並んでいた。

こういう↓建物がたくさん。


そして夕食時にはお約束の……。


こちら↓は赤ワイン・白ワインに次ぐ(?)「緑のワイン」
Vinho verde(ヴィーニョ・ヴェルデ)
「緑の」というのはワインの色じゃなくて、熟してない若い、ってことらしい。
私が飲んだのは白だったけど、赤でもロゼでもあるらしい。
ほんのり炭酸。


ホテル近くからバスに乗って、近くの町・Albufeira(アルブフェイラ)へ行った日も。


この日は午後まで霧がすごく…。



朝霧が出ていても11時ごろにはスカーーーーーーーーッと青空が広がるような毎日。

気温は特別に高いわけではないけれど、陽射しはジリジリと強く、
あっという間に焼ける焼ける…。

三日目以降は、昼前から午後早い時間までは陽射しを避けて過ごしたけれど、
せっかくの海と太陽が勿体なくもあり…。



海と浜辺(とゴルフコース)以外には特に何もない地域。

それでも、久しぶりの異国情緒を堪能して来た。



南欧の浜辺にて1ーポルトガルへ行って来た

  • 2014.09.14 Sunday
  • 22:30
 

遅い夏休みに

夏を追いかけて

ポルトガルの浜辺へ

行って来た。




ブルガリア以来2年ぶりの海。

今回は大西洋の浜辺。




海辺のホテルでのんびり

「何もしない」をしよう

というのが第一の目的。




それでもちらちら見たり飲んだりしたものを

次回からちらっとご報告。

待て次号!




calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

access

ブログパーツUL5

time

Germany

profile photo

YUKI profilephoto

notes

このサイトへのリンクは大歓迎ですが、文章・写真などを無断で転載・転用することはご遠慮ください。
リンクの際は面倒でもご一報いただけると喜びます。
また、宣伝広告やスパム、不適切と看做したコメントは削除することがありますので、ご了承ください。

ご意見・ご感想・ご質問 および客観的基本情報など(の訂正)はこちら↓まで
e-mail: longholi[at]em.oops.jp

Copyright (C) 2016 YUKI, All rights reserved.

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

永い夜
永い夜 (JUGEMレビュー »)
ミシェル・レミュー

recommend

recommend

英語のソーシャルスキル
英語のソーシャルスキル (JUGEMレビュー »)
鶴田 庸子,ポール ロシター,ティム クルトン

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM