ミラノ往訪

  • 2013.11.10 Sunday
  • 22:39

南欧の一角、イタリア。

気候もドイツより暖かく何より食べ物がおいしいと折に触れ聞いていたので
一度は行かなくちゃ、ローマの歴史建造物やヴェネチアの水路も見たいし!

・・・とは思っていたが、もとよりファッショントレンドだのブランドだのに疎い私の中で
ミラノは全くカウントされていなかった。

それなのに今回ミラノに行った理由。


「お友達に会いに」


しかも、ミラノ在住でもイタリア滞在中でもない友人に、なのだから人生わからない。


今年の春からスイスに滞在している友人(かつてボツワナに会いに行った友人)に
6年ぶりに会いにジュネーブに行こうと思ったら飛行機代が高かったので、
彼女が週末「ブーツ探しに行くけど一緒に行く?」というミラノに便乗したのだった。

行くとなったのでちょっと調べたら、
ミラノにはレオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」があるじゃないですか!

見たかったけど、予約必修で、この週末分は既に予約一杯なのであった。
残念。
ミラノ観光に組み込みたい人は早めに計画しましょうね。

まあ、私もちょうど靴を新調したいところなので、
メインをショッピングに据えよう。


電車で土曜日に入る、という彼女に先んじて、
祝日だった金曜日に飛行機で。
空港からは市内中央駅までシャトルバス。

とりあえず中央駅をさらっと見物。
Milan2 CentralStation1

市内地図でも手に入れられるかと期待したけど、
ツーリストインフォメーションのブースもまんまと閉まっており。

Milan3 CentralStation2

しかしヨーロッパの大都市の中央駅は凝ってて綺麗な建物多いね。

中央駅からほど近いホテルにチェックインして一休みした後、
残り短い午後を利用して観光。
(だって明日会う友人はきっと観光希望度が低そうだから!)


というわけで、真っ先に向かったのが、前回アップした写真のドゥオモ。

ミラノといえばドゥオモ。

ここぐらいは翌日彼女と来るかな、と思ったけど念のため中に入って見物しておいた。
(案の定、翌日は外から観ただけでスルー!また来るからよい、とのことで。)

Milan4 Galleria
ドゥオモのはす向かい?にあるガッレリア・ヴィットリオ・エマヌエルII世

Milan5 Galleria2
豪奢なアーケード。高そうなお店がいっぱい。←普通のお店もある。

Milan6 Galleria3
このアーケード内の四つ辻の、四つの角の店の内三つが
プラダルイ・ヴィトンプラダ(バッグ専門?)
だった。(もう一つは知らない名前でした←しかも閉まってた)

この金曜日は祝日だったのに、さすがミラノの市内。
ほとんどのお店が開いて(ブランド店には日本人がたくさん)いました。


「最後の晩餐」の次に思い出したのがミラノ・スカラ座
オペラよりもむしろバレエを観たかったのだけど、
こちらも生憎なことに、この週末は(見られる時間に)興行がないのであった。
残念。

Milan9 Scala
これがスカラ座。意外とシンプルな外観。
(ゼンパー見慣れちゃったからねえ。)

街中を歩いていると、なにやら瀟洒な・・・・・・何だろうこれ?
Milan12 Banca Cesare Ponti3
オフィス?にしては窓大き過ぎ外から丸見え。
お店?でも、商品も掲示も看板も何もない。
何かの事務所?

更に歩いて行くと入り口らしきところの中が、何らかのカウンターのよう。
Milan11 Banca Cesare Ponti2

道を渡って反対側から離れて見て納得。

Milan8 Banca Cesare Ponti1
銀行でした。「Banca」って書いてある。

そういえばミラノって金融の街でもあったよね、と、
他にも連なる(やたらと)お洒落な銀行の入り口やウィンドウを見つけて思う。

Milan10 Barclays これも銀行の入り口


中心部を一回りして、再びドゥオモ前へ。

Milan13 Duomo2
あの塔の全てのてっぺんに誰か聖人が立ってるらしいよ。

イマイチな晩餐をもって、本日の観光は終了。
ホテルの近所のスーパーでお土産用のワインついでにベルギービールを調達して帰還。


* * * * *


翌日は友人とホテルで待ち合わせ。

6年ぶりだというのに、

「あ、YUKIさん、今来たよ。」
「うん、声聞こえてた。お疲れ。」

という淡白な会話で再会。

彼女が部屋に荷物を置いた後すぐ街へ。
「歩いて」「←結構あるよ?!」


予定変更で靴は買わないのだという彼女と共に、
それでも私は靴を探しつつ、二人とも(ウィンドウ)ショッピングをメインに
大通りをドゥオモへ向かって歩く。

途中脇の道に入って曲がったりしながら、町並みと、
普段お目にかかれないようなお値段のウィンドウとお店を学びつつ。


Milan14
どこか一般の住居アパートらしい建物の中庭。
お家賃がどれぐらい”一般”かは怪しい。

前日時間切れで真っ暗な時間に遠目からしか見られなかったお城。
スフォルツェスコ城。
Milan15 Sforzesco
結局今日も真っ暗な時間になってしまい。
でもライトアップされて綺麗でした。通り抜けできる内部だけ見た。

予定通りにショッピングに終始した一日。
「買うぞ」と決めて行ったはいいけど、モノが素敵すぎて手が出ない。

「『ミラノで買う』ってある意味間違いじゃない?」
「いや、まあ、それはミラノのせいじゃないし。」

そんなやりとりをしながら、初イタリアを堪能した。

一日に三足買うという大冒険。


Milan7 candles in Dom
ドゥオモで家族の健康と幸せを祈って来たよ。




ボンジョルノ

  • 2013.11.01 Friday
  • 17:08

初イタリアなり。


Milan1 
(写真直しました。スマホからだと大き過ぎるのか、回転しちゃうの、なんとかならんかな〜)

シャトルバスの中で前から後ろから聞こえてくるのが、
イタリア語と
日本語ロシア語という。


到着地はここ↓。



寝不足でも体調不良でもないのだけど、
朝から気合いと緊張が足りなかったらしく、
出発の空港から少々失敗。

晩ごはんの際もうっかりボラれた。

ま、ちょっとだから久々の授業料、ぐらいだね。


観光については後日のアプということで。

待て、次号!


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

access

ブログパーツUL5

time

Germany

profile photo

YUKI profilephoto

notes

このサイトへのリンクは大歓迎ですが、文章・写真などを無断で転載・転用することはご遠慮ください。
リンクの際は面倒でもご一報いただけると喜びます。
また、宣伝広告やスパム、不適切と看做したコメントは削除することがありますので、ご了承ください。

ご意見・ご感想・ご質問 および客観的基本情報など(の訂正)はこちら↓まで
e-mail: longholi[at]em.oops.jp

Copyright (C) 2016 YUKI, All rights reserved.

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

永い夜
永い夜 (JUGEMレビュー »)
ミシェル・レミュー

recommend

recommend

英語のソーシャルスキル
英語のソーシャルスキル (JUGEMレビュー »)
鶴田 庸子,ポール ロシター,ティム クルトン

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM