ベトナム周遊旅行1 : ホー・チ・ミン入り

  • 2018.02.07 Wednesday
  • 22:33

 

珍しく氷点下まで落ちたデュッセルドルフの街から

 

冷房効きすぎで凍えながら

アブ・ダビ経由のエティハド航空で乗り込んだベトナム。

 

着いたサイゴン(ホー・チ・ミン)は27度を超える勢い。おまけに蒸し暑い。

 

よく考えたらアジアの国を旅行するのは私も初めてで、

ちょっとした冒険気分の私たち。

 

諸事情で今回はあんまり準備も予習もしていない。

 

ま、のんびり行けばいいか。



アブ・ダビの乗り換えゲート手前のフロア。

まずい。どっちがシャンプーでどっちがボディソープかもわからん。

ちなみに泊まっているのはHai Linhホテルではありません。

 

今夜はベトナム入りして泊まって寝るだけ。明日早朝から移動。


というわけで、近所にあったすき家で遅い晩ご飯。


車道を縫うように走りまくる大量の原付き(とクラクション)もさることながら、
道端のこんな↓風景もアジア感満載。


明日はダ・ナンへ飛んでホイ・アンへ。
 

 

 

公共施設移転2:中央図書館

  • 2018.01.28 Sunday
  • 00:21

 

駅前の大きな郵便局がもぬけの殻になっていたのが衝撃すぎたので、

多少の反省も込めながら帰りの道中でネット検索した。

が、「中央郵便局移転」の記事はほとんど見つからなかった。

 

見つかったのは、

・ポストバンク(日本のゆうちょ銀行みたいなもの)が

ドイチェポスト(ドイツ郵便)からはっきりと分かれつつあり(会社としてはとうに別物)、

とうとう自前の店舗が消滅した(残るのは何かの店舗に併設されている)らしいこと。

・ドイチェポストも”運輸業”であることを表明し、

・昔ながらの、手紙や小包を出し切手を購入するような郵便局が消えつつあること。

・小包を発送するのは町中にあるたくさんの小商店やタバコ屋が請け負っていること。

などなど。

 

ドイツ郵便が完全民営化して、ポストバンクがドイツ銀行の傘下に入ってはや数年。

ある種の時代の変化なんだろうなあと思いつつ。

「町の郵便局」が減っているのは寂しい限りだ。

 

さて、中央郵便局移転については見つからなかったがその代わり、

「中央図書館移転(予定)」の記事がヒットして来た。

 

そういえば上記の会社の人が言っていたのもこれだったか。

 

あの時はふんふんまだ先だ、と聞き流していたけれど、

要はこういうことらしい。

 

・駅裏の中央図書館は建物の老朽化とこの30年余りの利用状況と量の変化に伴い

拡大移転したい

・移転先を(市議会で)検討協議して来た結果、

駅前の(元)中央郵便局の建物(巨大)に移転して改装利用することに当確

それに先駆けて中央郵便局は移転を終了したところ

 

最近のドイツ郵便の改変具合を鑑みても、

郵便局移転が先に決まっていたのだろうと推察する。

 

面白いなと思ったのは、中央図書館の拡大移転に関しては

ハナから「どこか(の建物)への移転」が協議されてきたらしいことだ。

いや、もしかしたら「移転新築」案も出たけど速攻消えた、ということなんだろうか。

 

何れにしても、日本なら基本的に新築もしくは移転新築しそうな公共施設を、

「移転先としてあの(元郵便局)建物しか考えられない」

として「既存の建物に引っ越し」するのが前提である様子なのは、

文化の違いなのか建築(物)の違いなのか。

 

(再)開発で市郊外が急速に広がっているのを目の当たりにしながら、

なんだか感慨深い発見だった。

 

とりあえずもっと地元新聞に目を通そう…。

 

 

公共施設移転1:中央郵便局

  • 2018.01.28 Sunday
  • 00:04

 

実家に荷物を送ろうと市内駅前の中央郵便局に行ったら、

 

もぬけの殻

 

になっていた。

 

……は?……

 

外にあった投函用のポストも

壁についてたATM も

 

全部無くなってる。

 

直近でここの前に来たのはいつだったろう?

1ヶ月経ったか経たないかだと思うけど。

その時、入り口の張り紙で営業時間が1時間短くなっているのを知ったけど

(既に時間を過ぎていて利用できなかった)

あの時もう中は空だったのか?

 

何がびっくりって、閉鎖や移転先を案内する張り紙が一切無いことだ。

非道い。

 

とりあえず真向かいの観光案内所に戻って訊いてみたら、

私の荷物を見て、こちらが口を開くと同時に

「郵便局よね…。」

当然もう100回ぐらい訊かれてるんだろうな。

すぐ裏手に移ったことを教えてくれた。

奥まって陰になってる所だから全然見えなかったけど、

元の場所から向かいといえば向かいだ。

 

中央郵便局…だったはずが、移転先の店舗の小ささに驚いたけれど、

以前と比べて行列は短く、用事は予想外に早く済んだ。

 

そういえば……。

 

会社で他部のおばさんがお昼休みに地元新聞を読みながら

「郵便局が移転する」とかいう話をしていたのは

半年ぐらい前だったろうか。

 

それにしても、張り紙ぐらい残しておいて欲しい。

観光案内所のお姉さんも

「(移転したの)1ヶ月ぐらい前だったかしら?」

って言ってたし。

 

中央郵便局が移転するっていうのに、なんだか情報が少なすぎやしないか?

 

まあ、ワタシ普段から地元新聞は目を通してないからなあ。

 

 

真冬の洪水

  • 2018.01.27 Saturday
  • 20:09

 

数日ぶりに晴れた夕方、

 

かなり久しぶりに歩いて橋を渡った。

 

 

洪水が起きている、と噂に聞いていながら、

 

ずっと朝も帰りも真っ暗な中の通勤電車。

 

おまけに常にスマホを見ていて外をほとんど見ていない

 

ということに気づいた最近。

 

 

朝まだ真っ暗な電車の窓からぼんやりと

 

増水した川を見ていたので、

 

「明るい時間に帰れる金曜日、

天気が良い今のうちに歩いて見て来よう」

 

と思った。

 

この辺りは普段お散歩する人や犬や、たまに回ってくる羊の群れや

天気のいい夏にはバーベキューする人たちが憩う河川敷。

 

 

こちら側も同様の河川敷。

 

むしろここ↓は毎年夏に大きな移動遊園地が展開する場所。

 

 

川幅がいつもの2倍ぐらいになってる。

 

 

パリでもセーヌが増水して危険らしいし、

早く水が引くといいのだけど。

 

 

 

”口述筆記”の立ち位置

  • 2018.01.25 Thursday
  • 23:50

 

「Ich habe der Sekretärin den Brief diktiert.」

 

ドイツ語の問題集を解いていたら、こんな↑文が出て来た。

 

「(私は)秘書にその手紙を口述筆記させた/してもらった。」

 

という意味のはずだが、ふと気になった。

 

私が(手紙文を)言ったんだろうか、それとも私が書き取ったんだろうか?

…だって、「私」がボスだとは限らないし。

 

 

で、Google翻訳をかけてみると、

 

「diktieren =口述(する)」と出てきて、つまり話す方。

「Diktat =書き取り」と出てきて、つまり書く方。

 

…動詞は話す方で、名詞になると書く方なの?

 

 

で、今度は単純にGoogleで検索してみた。

 

すると、どちらも「口述して(それによって)書き取らせる(こと)」。

つまり、話すと書くの両方。……。

 

 

日本語だと「口述する」と「書き取る」は全然違う意味だ。

事実上、真逆の立場になる。

「口述筆記(する)」とも言えるけど、

実際のところそれは二つの言葉を合体させただけだ。

 

そうすると、ドイツ語では(たぶん英語でも同じことだと思うけど)

文脈によってどっちの立場か判別するんだろうか?

 

 

こういうのはほんの小さな問題で、

もちろん私も、普段は特に気にすることもなくこの言葉を使えている。

ただ、時々ちょっとそういう些細な問題や言語の違いに引っ掛かって、

それでもって密かに楽しんでいるのだ。

 

 

十四年目

  • 2018.01.25 Thursday
  • 23:07

在独歴が

在京歴(東京ね)を

上回ってることに気づいた

13年と4か月目。

新年明けましておめでとうございます

  • 2018.01.01 Monday
  • 01:22

 

みなさま、

 

割れましておめでとうございます。

 

年越しから20分でお気に入りのスノーボール付きボトルストッパーを落として割った

ワタクシでございます。

 

スノーボールに雪と雪だるまが入ってた。

 

ガラスは割れ、水浸しになり、ご丁寧に中の”雪”まで飛び散りましたとさ。

 

 

こんな新年、幸先悪くね?と思うところですが、

ドイツ人の相方曰く、

 

「(ガラスの)破片は新年に幸運をもたらす」

 

のだとか。

 

じゃ、ドイツで年越ししたことだし、そういうことにしておきましょうかね。

 

 

というわけで、

 

 

昨年大変お世話になった方々にも

 

残念ながら昨年中は(も)会えなかった方々にも

 

感謝の意を込めつつ

 

今年もまたよろしくお願いいたします。

 

 

さて、

 

2017年は最後の2ヶ月で三回風邪を引くという異常事態に終わり、

 

だからというわけばかりでもないのですが、

 

クリスマスも年越しもひたすら自宅でのんびり過ごしたいように過ごしております。

 

24日と26日と明日(今日)元日に相方実家に行くぐらい。

 

自分の体調のせいでできなかったことは少々ありますが、

まあ大したことじゃないってことで。

 

 

相方ともども、料理無精にしてグルメとは程遠い二人なので、

 

クリスマスにご馳走を作るでもなく(義実家で食べるし)

おせち料理なんぞ作るはずもなく(相方は日本の正月知らないし)

 

今シーズンの一大イベント(?)はこれ↓でした。

 

 

セラノ・ハム丸々一本。

相方がここ1−2年クリスマスになると散々迷っていたもの。

今年は思い切って(4連休*の直前に)買ってきよりました。

 

日持ちのするものとはいえ、二人でやっつけるには多かろう、

 

と思ってましたが、義兄一家が帰省した義実家に一塊りお裾分けしたのち、

 

30日の段階で既にこの↓ように。

 

思ったよりずっと美味しく食べ続けられました。

 

ええ、もちろん、3連休**明けからダイエットですよ?

 

 

年が明ける1時間以上も前から

外ではパンパンパリパリと花火やクラッカーが鳴り響いておりましたが、

 

流石にそれもほぼ収まったらしい、現在1時過ぎ。

 

断続的に雨が降る夜でしたが、0時前後は図ったように雨が止み、

 

屋根裏階の窓から打ち上げ花火を見ていました。

この音聞いて「戦闘だ…!」と恐れなくて済む平和に感謝。

 

 

 

さて、これから明日にかけて、新年の抱負と予定を立てましょうか。

 

 

 

*2017年のクリスマスは、23日の土曜日から26日までの4連休でした。

**2017年末は30日土曜日から1月1日までの3連休です。

 

 

家庭料理ってやつはよ。

  • 2017.12.03 Sunday
  • 14:04

 

ジャガイモが余っているし、と


昔懐かし大好物の母の料理に初挑戦。


だいぶ前に母から貰ったレシピを開くと、

 

焼き時間はおろか各材料の分量目安も一切無いチャレンジに。

 

 

 

牛乳が多すぎて時間かかっちゃったけど、初挑戦としては上出来♪

 

 

 

美味しいものを食べにいこう

  • 2017.11.02 Thursday
  • 23:15

”また行きたい店” に替わるがわる行ってると


”試してみたい知らない店” にはなかなか行けないままだわ、


と、


明日の候補をリストアップしながらしみじみ思う。


さーて、明日は何を食べにどこへ行くことになるかな?

雨ふりの朝

  • 2017.10.20 Friday
  • 07:49

通勤時間の駅のホームで

泣きそうになりながら

電話している女性がいた。


あれは明日の私かもしれない


とふと思った。



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

access

ブログパーツUL5

time

Germany

profile photo

YUKI profilephoto

notes

このサイトへのリンクは大歓迎ですが、文章・写真などを無断で転載・転用することはご遠慮ください。
リンクの際は面倒でもご一報いただけると喜びます。
また、宣伝広告やスパム、不適切と看做したコメントは削除することがありますので、ご了承ください。

ご意見・ご感想・ご質問 および客観的基本情報など(の訂正)はこちら↓まで
e-mail: longholi[at]em.oops.jp

Copyright (C) 2016 YUKI, All rights reserved.

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

永い夜
永い夜 (JUGEMレビュー »)
ミシェル・レミュー

recommend

recommend

英語のソーシャルスキル
英語のソーシャルスキル (JUGEMレビュー »)
鶴田 庸子,ポール ロシター,ティム クルトン

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM