謹賀新年

  • 2019.01.01 Tuesday
  • 13:45

 

皆さま、あけましておめでとうございます。

 

更新まばらなこのブログにいつもご訪問いただき

ありがとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

 

 

「本音で生きる」をテーマに色々と探ってきた昨年。

年の瀬に目標や心掛けを手帳にしたためていたら、

自分に課する細かい課題が多過ぎることに気づいて、

結局To Doリストの最初が「Do not」になりました…。Orz

 

というわけで、

今年の抱負は「がんばらない」です。

 

 

2019年が皆さまにとってより良い年になりますように。


例年通りほぼ日手帳

年越しには十勝ワインを頂きました。

ピンクの豚も馬の蹄鉄も幸運のシンボル。

 

 

 

 

 

ライ麦畑で白鯨に緋文字でフィンの何か書いた某件

  • 2018.12.30 Sunday
  • 20:38

 

テレビで『白鯨』の映画をやっていて思い出した。


大学一年の時、五冊のアメリカ文学作品を読んで感想文を書く課題があったこと。


『ライ麦畑でつかまえて』
『白鯨』
『緋文字』
『ハックルベリ・フィンの冒険』

とあと一本が思い出せない。

何だったろう?

 

入学したてのピュアだった私たち(笑)は

『ライ麦ー』までは全員がちゃんと読んだと思うけど、

『白鯨』に至る頃には老獪な先輩様達の入れ知恵により

”図書館で映画版のビデオを見て済ます”

というワークハックを覚えていた者たちが多数。

 

妙な意地でもう一度読み返したいなあ(日本語で)。

 

 

 

 

 

冬至にはカボチャを

  • 2018.12.24 Monday
  • 20:36

 

 

普段たいして料理もしないくせに

 

冬至になると「あゝ、南瓜食べなきゃ…」

って思っては忘れること数年。

 

シンプルに甘く炊いたのが好き。

 

 

今年は久し振りにカボチャを買った。

 

ただし、近所のトルコ八百屋で。

 

 

ずいぶん以前にドイツのスーパーで

普通に売ってるの(ドイツ産かどっかの欧州産)を買ったら

皮は固いわ煮たらベチャっとするわで全然ダメで、

その後は数度、アジア食材店で買っていた。

もちろん割高。

 

そんな面倒くささもあって買い忘れること数年。

 

今回はタイムリーに思い出したのだが、

街まで行くのがやはり面倒で、近所の八百屋で。

 

顔馴染みのオッチャンに聞いたら、

皮を剥いて普通に料理して大丈夫、とのこと。

 

 

しーかーし!

 

 

やっぱり生で剥けるような皮じゃなかった。

 

…どうやって“剥いて”るんだろう…?

 

危険だったので諦めて、

皮は極力ムダのないように“切り落とし”

とりあえず炊いてみたけど、

やっぱり食感とかいまいち?

 

でもとりあえず冬至にカボチャは食べたからいいか。

 

来年はちゃんとアジアショップに行こう。

 

ちなみに、ドイツではカボチャは、

ほぼほぼスープにされてます。

あとはペースト状で何かに使われてるかな?

そのまま煮て使うことはないらしい。

 

 

 

 

産むと老いると生と死と

  • 2018.12.19 Wednesday
  • 19:28

 

旅に出たいと思いつつも予定なしのまま

日数の都合で取った冬休み。

 

今年のクリスマスは五連休だが

たぶん通しで一人引きこもりへまっしぐら。

 

そんな先週末、雨天と寒さで外出する気も無く、

うっかり大人買いして三日間漫画を読み続ける、という

まさにオトナなんだかコドモなんだかわからない過ごし方をして興奮。

 

一昨年ぐらいから気になって購入保留にしてあったコレ↓

「透明なゆりかご」 沖田x華(おきたばっか)

今年夏にNHKでドラマ化されたらしいけど、

映像化にはあまり興味が無かった私。

でも、全く別のシリーズの最新刊を買うついでに

今回まとめて読んだ。

 

出産にまつわる人間関係や身体・医療事情のあれこれ。

 

残念ながらまだ自分が出産する機会も

妊婦と深く関わる機会もないけれど、

非常に面白くも、同じ数だけ悲しくも、興味深くもあって、

ひたすら読み続けてしまった。

 

命の誕生を巡っての考慮は、

この夏ハマったこの↓漫画とはある意味真逆の方向。

「傘寿まり子」 おざわゆき


80歳のまり子おばあちゃんが、

終の住処であったはずの自宅から4世代同居の末に

弾き出されるように家出するところから始まる物語は、

”家族と同居しているのに孤独死する”という

重たいエピソードもありながら、

小説家という、手に職のある身分も手伝って、

元気にパワフルにいつの間にかみんなを巻き込んで

鮮やかに第二第三の人生を切り開いていく。

老後の生活、家族と家庭の事情、寂れた町のシャッター商店街。
この先自分はどうしていけばいいのか、どう生きていくべきか、

考えさせられる。

 

何ができるのか、何をしたいのか。

それは今もずっと折に触れ問われることだけれど。

 

ちなみにこの作者は去年別シリーズでハマって以来わりと好き。

 

出産と老後ついでに興味深く読んだのが、

前述の沖田x華の別作品。

「お別れホスピタル」 沖田x華(おきたばっか)

コレはダイレクトに死にゆく人の様を扱っている。

沖田x華という作者自身が

アスペルガー症候群、

ADHD(注意欠陥・多動性障害)、

学習障害、の三つの発達障害を持っている、

というのが興味を引いて、以下のシリーズもまとめ読み。

「毎日やらかしてます」 沖田x華(おきたばっか)

読んでいるうちに、自分の周りにも当てはまる人が時々いる(いた)な、

と色々分かってくる。

 

最近でこそ時々耳目にするようになった「大人の発達障害」。

まだまだ認識も理解もされにくい=生きにくいんだろうな、

と思いつつも、悲し過ぎにはならないのは、

元々はお下劣ギャグ路線であるこの作者ゆえん。

 

あくまでも、この作者の場合は、という

一例であることを忘れてはいけないのだろうけれど、

色々勉強になるシリーズ。

 

発達障害の延長でもう一冊。

「はざまのコドモ」 沖田x華/君影草

沖田氏のアシスタントをしている君さんの、子供のお話。

発達障害があって普通学級で続けていくには困難なのに、

知的障害は無く知能も規定より高いため特別支援学級には入れない。

まさにお役所の管理管轄の狭間に陥った子供。

「知的ボーダー」なんて言葉も知らなかった。

学校の先生達やたくさんのお父さんやお母さん達に読んでもらいたいな。

 

 

障害や欠陥、アレルギーや持病。

一切合切問題のない”完全な”まま生きていける普通の人なんて、

本当はどれほどいるのだろうかと、考えてしまう週末だった。

 

 

 

 

 

 

予定予約日 - 続・暖房工事

  • 2018.12.13 Thursday
  • 10:32

 

昨日半日がかりで終わった暖房機の取替え工事。

 

今日は引き続き、大工さんが来て

天井の板をどうにかする*アポがあったのだが。

 

 

言われていた予定の時間(9:00 - 9:30)より早く来られた上に、

計測だけして5分で去っていった。

 

 

作業は次回にするのだと。アポは月曜日。

この一連で、休暇中に三日もアポが入ってる。

 

 

*最新の防災規定に反して、煙突が天井に近すぎる、ということらしい。

 

幸い新しい暖房機はちゃんと設置されて、昨日午後から稼働している。

以前の機器は20年以上前のものだったようで、

色んな機能がアナログからデジタル仕様になっていて感動。
 


天井工事が終わるまではどこかに旅行することもできない休暇だ。ぐぬぬ。

 

 

絶賛 暖房工事中!

  • 2018.12.12 Wednesday
  • 09:32

 

 

休暇初日、朝から暖房機の交換工事。

 

電気を切っての作業に、最近は

懐中電灯不要・スマホのランプで足りる

(むしろ懐中電灯より明るい)

ということを改めて確認。

時代だなぁ。

 

重たい機器を持って、4階(日本で言う5階)まで

階段を上ったり下りたり。

若い兄ちゃん二人とはいえ息を切らしていて、

申し訳ないなと思うがワタシのせいではない。

 

「じゃあ、地下室の鍵借ります。

地下行ってガス切って、

朝ごはん食べてから戻ります。

15分ぐらいで。」

 

15分が30分になっても驚かないし

そんなもんだろうけど、

そこに朝ごはんが入る、って事実に

改めてここはドイツだと思う在独15年目の冬。

 

 

P.S. 案の定彼らは30分後に再登場しました。

 


   iPhoneImage.png     iPhoneImage.png

 

 

 

インスタ始めました

  • 2018.12.01 Saturday
  • 19:32

 

 

少し前から、「インスタグラム」を始めてみました。

 

 

ブログより手軽なのでこちらのアップの方が頻繁になるかも。

 

 

よろしければ、覗いてみてください。

 

 

 

昨日はクリスマスマーケットで一人晩ごはん。

今年ももう十二月です。

https://www.instagram.com/p/Bq0j_4LF1o9/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=wx8dhssfr9mu


 

 

九月の終わり

  • 2018.09.28 Friday
  • 18:47


季節の味覚で一人打ち上げ♪

フェーダー・ヴァイサーと
ツヴィーベル・クーヘン(玉ねぎケーキ)。
デザートにシャンパン・トリュフ(チョコレート)の贅沢♡



 

体育非日和

  • 2018.09.23 Sunday
  • 09:11

本日、秋のソフトボール大会。

小雨決行につき、
これから行ってきます。






秋に向かって

  • 2018.09.16 Sunday
  • 09:23

久しぶりに、日曜の朝、

外に出た。

来週日曜はソフトボール大会。


秋に向かっていくよ。



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

access

ブログパーツUL5

time

Germany

profile photo

YUKI profilephoto

notes

このサイトへのリンクは大歓迎ですが、文章・写真などを無断で転載・転用することはご遠慮ください。
リンクの際は面倒でもご一報いただけると喜びます。
また、宣伝広告やスパム、不適切と看做したコメントは削除することがありますので、ご了承ください。

ご意見・ご感想・ご質問 および客観的基本情報など(の訂正)はこちら↓まで
e-mail: longholi[at]em.oops.jp

Copyright (C) 2018 YUKI, All rights reserved.

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

永い夜
永い夜 (JUGEMレビュー »)
ミシェル・レミュー

recommend

recommend

英語のソーシャルスキル
英語のソーシャルスキル (JUGEMレビュー »)
鶴田 庸子,ポール ロシター,ティム クルトン

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM